結婚も大変だが

菅田将暉が小松菜奈と結婚「パリス・ヒルトンと合わせた」タトゥーや兄妹の謎にも迫る

結婚も大変だが

 先週は大変でしたという菅田将暉(28)氏。「泣いてなかったけどね。見えてなかったから」と強がります。これは『菅田将暉のオールナイトニッポン』にて涙の結婚報告をした翌週のラジオ番組でのことですが、「パリスも結婚したしね」 同番組でずっと追いかけてきたパリス・ヒルトン(40)さん。「同じタイミングで結婚されたということで、おめでとうございます! まるで示し合わせたかのように(笑)」なんて事を云いまして。

かつての婚約者、タトゥーはどうなった?

 ラジオの生放送で小松菜奈(25)さんとの結婚発表をしたのは大変驚きましたよね。(下記ご参照下さい)

【関連記事】佐藤健や松本人志の祝福に感謝、菅田将暉が涙の結婚報告

 そして、翌週の同ラジオも注目でした。前述の通り、時期を同じくしてパリス・ヒルトンさんが実業家の男性と結婚した事に話が及んだわけですが、一方でこれまでも何人かと婚約したヒルトンさん、ある婚約者は2億円の指輪をプレゼントしたり、彼女の名前のタトゥーを入れたりしていました。菅田氏はそのタトゥーがどうなったのか、気になっているようです。

 これを聴いていたリスナーさんが即座に反応。それによると、そのタトゥーの上に6時間かけてゴリラのタトゥーを入れたとのこと。理由は、ゴリラは平和で美しい動物と感じているかららしいです。そうなんですねぇ。こうなったら、菅田氏にはヒルトンさんと共演して真相に迫ってもらいたいもんですな。事務所的にはNGかもしれませんが。

シェフや時の番人ジルドって

 それにしても、菅田氏のラジオのリスナーさんは優秀ですね。その反面、ちょっと風変わりな方々もいらっしゃいました。

「将暉の兄です。あめでとう、結婚。俺より先に結婚しやがって」 お兄さんはいないはずなのにね。

「菅田の妹だよ。結婚おめでとう」 妹もいないはず。しかしながら、結婚して幸せの絶頂にある菅田氏は「何でもいい方にとらえられてしまう良い状態」らしい。

ただし、「将暉くん、僕だよ、シェフです」というリスナーさんには「知らんて」と菅田氏。

さらに「私は時の番人、ジルド」 これには「やめるわ。これはアカン。これは無理です、ごめんなさい」と白旗を上げた菅田氏でしたが、これに呼応して「ち、ジルド、きてたのか」「時の番人を案ずる者」などエスカレート。

「今日の放送を聴いてなんかやばいなと思ったおじさん」なんてリスナーさんも。

「ごめんな、何書いていいか分からんかったんやな」と謝る菅田氏でした。

関連記事

 皆さんもご存知の通り、菅田将暉(28)氏と小松菜奈(25)さんがご結婚されました。おめでとうございます!『菅田将暉のオールナイトニッポン』のラジオ生放送にて、菅田氏は「少しお時間いただきます。皆さんに一つご報告させていただいたことがあり[…]

麗しの結婚

「糸」のチーズ映画論

 小生スナイパー神津的にはこういうやり取りは大好きですが、前回の菅田氏が結婚報告した生放送でも、リスナーさんとこんなやり取りがありました。

「僕はふだん聴いていないのにこういう時だけ駆けつけて、ただおめでとうとだけ言えばいいのに、菅田さんの知り合いの芸人さんやタレントさんの同等の注目度だと勘違いをして面白いツイートをすることを義務だと思っているリスナーです」

「変なやつきたなー笑」

「今夜僕みたいなリスナーで溢れています。首突っ込みますよー」

「やめろよ。有難いよ、そういう人もきてくれるのがホント嬉しいし。いやマジで怖いねんて。いつもおらんやつとたまに聴くやつな。あとお前、そういうやつをいじるな。それが一番あんまよくないと思っとるぞ」

 イイねぇ、どんどんやってやってと思っていたところ、はたまた、こんなリスナーさんも。

「チーズ映画で夫婦役をやった二人が結婚すばらしいですね。これから二人で素敵なチーズを育んでいってください」

「ホンマに、しばいたろか。チーズ映画やないし、結婚はするんやけど、夫婦役は榮倉奈々さんの方やから。『糸』っていう映画を観てチーズ映画って言うやつホンマ嫌いやねん。ええ加減にせえや」

 ウーン、面白い。なお、菅田氏が小松さんを好きになった理由として、映画『糸』の撮影現場秘話などもあったりしましたので、下の記事も御覧いただけますと幸甚です。

【次の頁】菅田将暉が小松菜奈にベタ惚れ、早く結婚したかった理由

●あわせて読む

 木村佳乃(45)さんや佐々木希(33)さん、中村倫也(34)氏、松坂桃李(32)氏らが所属する芸能事務所『トップコート』の「リーサルウェポン」と呼ばれている俳優がいるそうです。其れは、杉野遥亮(25)氏。小生も大好きであります。[…]

戦う男

 菅田将暉氏のラジオ、いろんな意味でアテンション、楽しいですな。