フィギュアスケートの妖精

浅田真央が「寂しい」姉・舞の恋愛に本音語る

フィギュアスケートの妖精

 フィギュアスケート五輪の銀メダリスト、浅田真央(29)さん。その真央ちゃんがなんと、お姉さんの浅田舞(31)さんの「恋愛」に対し、本音を語ったようです。いったい、何を言ったのでしょうか?

フィギュアスケートの妖精も三十路に

 バンクーバー五輪銀メダルや世界選手権制覇など、フィギュアスケートで数々の輝かしい経歴を持つ浅田真央さんですが、今年もう、三十路になるんですね。トリプルアクセルを武器に15歳でグランプリファイナルを制し、世界をあッといわせたことがまるで昨日のことのように思い出されます。

LINEや電話、何十通もメールを

 ご存知の通り、浅田舞さんはそんな真央ちゃんのお姉さんです。ご自身もフィギュアスケーターでした。現在はタレントとして活躍していますが、先月、姉妹でジャニーズ嵐の冠番組『にしやがれ』(日本テレビ系)に出演したのも印象的でしたね。それについてはこんな記事も書いておりますので、良ろしければ、ご覧ください。

関連記事

 ジャニーズアイドルグループ嵐の番組に、フィギュアスケート銀メダリスト浅田真央(29)さんとお姉さんの浅田舞(31)さんが登場。さらに山Pこと、山下智久(34)氏とKAT-TUNの亀梨和也(34)氏も出演して、いやはや豪華絢爛でした![…]

話題のスイーツに舌鼓

 そして先日は、同じく日本テレビ系の番組『今夜くらべてみました』にも出演しました。その中で、最も気になったのは、やはり「恋愛」について。というのも、舞さんは選手を引退した後、恋愛にのめり込んでしまったそうで、交際相手にLINEや電話を頻繁にしたり、1日何十通ものメールを送るなど、恋愛体質だったといいます。

ワンオクのTakaと熱愛、破局

 浅田舞さんといえば、有名なのがロックバンドのONE OK ROCK、通称ワンオクのボーカルTaka(32)氏。熱愛をスクープされたりしていましたよね。舞さんは以後、ニュース番組のスポーツキャスターを卒業してしまったり、真央ちゃんが座長を務める「浅田真央サンクスツアー」を離脱したり。つまり、交際中のTaka氏をサポート、いわば尽くすため、仕事を整理したとも報道されました。そして、結婚するつもりもあったようですが、昨年破局したとのこと。

生々しいぶっちゃけ

 話を『今夜くらべてみました』に戻しますと、問題の浅田真央さんのダメ出し的なぶっちゃけ。番組の中で、真央ちゃんに「恋人がいる舞さんとお1人様の舞さん、どちらが好きですか?」とアンケート。すると、真央ちゃんは「1人の舞のほうが好き。恋愛をしている舞はすべて相手に合わせて自分を失ってしまい、家族のことも忘れてしまうので、真央は寂しい思いをしています」と回答したのです。

 妹の本音を知った浅田舞さんは、「生々しすぎてちょっとビックリしちゃいました」と語りました。ちなみに、「相手に合わせることが一番だと思っていた」舞さんも、「30歳を過ぎてそれをしちゃうとすごい疲れちゃうので」「今は1人で生活するのが楽しい」などと話していました。どうやら舞さん、恋愛観も変わったようですね。