華麗なるスケート

羽生結弦「オーサーコーチが語った」4回転半ポテンシャル

華麗なるスケート

 フィギュアスケート五輪連覇の金メダリスト、国民栄誉賞も受賞した羽生結弦(25)選手。私も大ファンですが、先日、ブライアン・オーサー(58)コーチがインタビューに答えました。興味津々です!

ネイサン・チェンに完敗

 今シーズンの羽生結弦選手は、苦戦の連続だったといえるでしょう。年末に行われたグランプリファイナルでネイサン・チェン(20)選手に完敗を喫しました。ネイサン選手、まだ二十歳なんですね。改めて驚きました。

 で、羽生選手の「今に見とけ」という強い決意を笑いながら語った姿も印象的でしたよね。かなり悔しかったことでしょう。ちなみに、この大会で公式練習のとき、初めて4回転半に挑戦しています。

宇野昌磨にも

 さらに、4年ぶりの出場となった全日本選手権。ショートプログラムで貫禄の首位に立ったものの、フリースケーティングで宇野昌磨(22)選手に逆転されました。これについては下の記事を書いておりますので、気になる方はご覧ください。

★宇野昌磨「羽生結弦に勝った全日本」とゲームの意義

 その後、羽生選手は四大陸選手権で優勝! これで主要国際大会6冠となり、男子シングルで史上初のスーパースラム達成者になりました。

フィギュアスケート世界選手権が

 調子上昇カーブで挑むフィギュアスケート世界選手権、かと思った矢先、ご存じの通り、中止となってシーズンが終了。ここで羽生結弦選手は4回転アクセルに挑戦ともいわれていました。いやぁ、これは本当に見たかったですが、仕方ありませんね。

夢の大技を成功させるには

 そして先日、ブライアン・オーサーコーチがインタビューに答え、羽生結弦選手と4回転アクセルジャンプについて言及しました。抜粋させていただくと、「ユヅと私は4回転アクセルについて話し合ってきました。ユヅは素晴らしい技術を持っていますし、それを常に維持しています」「私たちはこの回転をコントロールするだけの身体を作り上げるためのフィジカルがもっと必要になるということで同意しています。もちろん、今以上の高さは必要になりますし、そのためにはもっと全体的なパワーをつけなくてはいけません。それは簡単に手に入るものではなく、努力して獲得しなくてはいけないものです」

 フィギュアスケートファンにとっても夢の大技、4回転アクセル。羽生選手のパワーアップを応援しながら、4回転半ジャンプの歴史的瞬間を目の当たりにしたい!