大荒れ模様か

「上沼恵美子とカジサック騒動」を宮迫博之が【YouTube動画】でぶっちゃけ

大荒れ模様か

 関西の女帝とも呼ばれる上沼恵美子(65)さんの番組を、YouTuberカジサックこと、お笑い芸人コンビ「キングコング」の梶原雄太(39)氏が降板した騒動。これに絡んで、お笑い芸人YouTuberの宮迫博之(50)氏が動画をアップしました。

25年の名物テレビ番組が突然の終了

 梶原氏は、上沼さんがMCの関西テレビバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)にレギュラー出演していましたが、共演NG的にも似た形で降板しました。その経緯で、上沼さんが梶原氏に対し、激しい言葉でバッシングめいたことをしたといわれ、騒動に。そしてついには、25年もの間放送されてきた『えみちゃんねる』が突然、終了となってしまったのです。

ニュースの真相は

 さらに、こんなニュースが報道され、物議をかもしました。「カジサック、テレビ降板に続きYouTubeスタッフを宮迫博之に奪われ大ピンチ」という記事です。同記事によれば、カジサック氏のYouTubeスタッフのうちの数人は、「宮迫博之の動画制作チームに移籍したようだ」とのこと。また、梶原氏は「共演者の発言などにうまく対応できていない感じで、トークの切れ味もなくなっていて」バラエティ関係者からの評価も落ちているといいます。

 で、このニュース騒動について、梶原氏の吉本興業の先輩だった宮迫博之氏が「カジサックの件、本気で怒ってます」なるYouTube動画をアップしました。それによると、梶原氏の降板について「ちょっと電話でしゃべったりしたんですけど、だいぶ疲弊した部分も。元気なかったですよ」「ホンマにヘコんでますから」

 そして、「カジサック氏のYouTubeスタッフが宮迫氏に奪われた」ことに関しては、「来てるかぁ! 当初からのスタッフでやってる」と否定しました。また、前述の記事で「お笑い芸人としてトークの切れ味もなくなった」ことについても、「カジはもともとお笑い下手です! カジの良さはそんなとこじゃない。不器用ながらでも一生懸命ブチ当たっていって頑張ってる姿があいつの素敵な部分です」と声高に語りました。

 ちなみにその後、カジサック氏も動画をアップ。宮迫氏に「ありがとうございます」とお礼を述べ、「事実ではない」と言及しました。この騒動、いったいどういう結末を迎えるのでしょうか?