悲しみのイケメン

草なぎ剛の涙、破顔一笑もすごい件

悲しみのイケメン

 内田英治(50)監督の映画『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞の最優秀賞を獲得し、名実ともに日本一の俳優になった草なぎ剛(46)氏。さらにミッドナイトスワンは、イタリア映画祭でグランプリに当たる「ゴールデン・マルベリー賞」を受賞し、またもや大きな勲章が増えました。おめでとうございます!

ミッドナイトスワンで感動

 そんな『ミッドナイトスワン』は名場面もたくさんありましたが、涙のシーンも感動的でした。劇中で凪沙が「どうして私だけ」と号泣する姿や、ラストに服部樹咲(15)さん演ずる一果のバレエを見て泣くシーンなど、心が震えましたよね。

 また、草なぎ氏の笑顔のシーンも印象的でした。一果のバレエの先生から「お母さん」と呼ばれ、思わず口元をおさえて笑う凪沙。

大河ドラマでも凄まじい

 さらに、吉沢亮(27)氏主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』では、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜を演じている草なぎ剛氏。ここでも凄まじい存在感を放っておりますが、謹慎の憂き目にあい、しかもその最中に竹中直人(65)氏演ずる父・斉昭が亡くなり、髭をたくわえた慶喜の悲壮な涙。堤真一(56)氏演ずる最愛の側近たる平岡円四郎が無念の最期を遂げ、雨に打たれながらの号泣シーン。

 そして、豪快な笑顔もすごかったです。吉沢氏演ずる渋沢栄一の発言に声を上げて笑う慶喜。「円四郎め、誠に不思議なものを押し付けおった」 そんな豪快な笑顔の後、「そこまで申したのだ。お主の腕を見せてみよ」と威風堂々の草なぎ氏。

 元ジャニーズのSMAP草なぎ剛氏、やっぱり凄い、感動的であります。

記事の【SNSシェア】下のボタンにて御願いします