頭を下げて

松本人志10億円「救済条件」お笑い芸人たちの真価

頭を下げて

 芸能界の超大物がアクションを起こしました。ダウンタウン松本人志(56)氏が、このご時世で生活に苦しんでいるお笑い芸人たちに「救いの手」を差し伸べようとしています

ガキ使やごっつええ感じで大笑い

 松本人志氏といえば、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)が思い出深い。相方の浜田雅功氏、今田耕司氏や東野幸治氏、いまや大女優となった篠原涼子さんたちとくり広げるコントが楽しかったですね。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』も面白い! この前も大笑いしました。

ギャラもなく困り果て

 さて、テレビ収録等が制限され、劇場なども稼働していない状況下、ギャラもなく困り果てているお笑い芸人さんたちも多いようです。そんな中、大御所の松本人志氏が太っ腹なところを見せようとしています。なんと、1人上限100万円を無利子で貸そうというのです。

 一部報道によると、1000人ほどにも上ると見られる面識がある芸人に100万円ずつ貸した場合、総額10億円以上! これは凄いことなりそうです。

ハードル高い?低い?

 ただし、松本氏から借りるには1つ条件があるみたいです。「収入が減った芸人に松本人志が金貸します。条件。おもろいやつ」

 冗談まじりか、本気なのか。いずれにせよ、ここでも「お笑い芸人としての真価」が問われることになりそうです。これには、「恐れ多い」「面白くなくて借りられなかったらどうしよう」「お願いします。貸してもらいます」など、芸人たちの声が上がっています。

Twitterがちょっと心配

 また、ちょっと心配なのが松本氏のTwitter。「善意にケチを付ける人達がいます。それは寄付や義援金をしたい人達の心を削ります。そして回り回って自分や自分の大切な人達をも救えなくなるのです」

 何かあったのでしょうか。大丈夫ですかね。私は松っちゃんを応援します!