愛し合う二人

松下洸平「好きやよ」日本一優しくハグして慰める最愛力

愛し合う二人

 ストーリーの魅力はもちろん、吉高由里子(33)さんと松下洸平(34)氏が佳麗すぎる『最愛』(TBS系)。サスペンスと並行していく恋愛模様に小生もハマりまくってしまいましたが、此の如し情景にも惹き込まれましたねぇ。

吉高由里子が号泣しながら

「最愛」にて吉高由里子さん演ずる梨央が、松下洸平氏演ずる大輝の住む大学陸上部男子寮で看板娘的な存在だった頃、物語の序盤。寮夫をしていたお父さんが亡くなり、悲しみに暮れる流れの中で。

「梨央。俺、梨央が好きやよ。好きやよ」と大輝。涙混じりの笑顔で梨央。思わず抱きしめる大輝は、号泣する梨央の背中をポンポンポンポンとして、さすりながら「元気出せ、梨央。元気出せ、元気出せ」さらに頭をポンポン。

 優しく慰める洸平氏と身を委ねる吉高さんのコントラストがなんとも麗しく、胸に迫りました。

「誰かが泣いていたり弱っていたら、慰めるのはいつも梨央だった。そんな梨央が好きだった」洸平氏のナレーションも心に響きます。

サスペンスと相まって

 で、梨央は離婚したお母さんのところへ行くことになるわけですが、出立の当日、何も知らされていなかった大輝は駅伝の大会に出場中。力走後にそれを知った大輝、ヘロヘロになりながら彼女を追おうとするも出会えず、座り込んで泣き濡れる洸平氏、切ない。

関連記事

 元TBSの女子アナウンサー田中みな実(35)さん。フリーとなり、女優業でもご活躍されておりますが、私も取材現場ですれ違ったことがありまして、大変に美しく会釈などもしてくれたり礼儀正しい方でした。そして、吉高由里子(33)さん主演の『最愛[…]

あの美女は

 そして15年後、お母さんの会社を継いだ女性社長で事件の関係者、その事件を捜査する刑事という図式で再会する二人。「その笑顔も、立場も、俺を見る目も、何もかもが、違っていた」と洸平氏のナレーション、サスペンスの幕開け的展開。

 しかし、やはりというべきか、以後もハグめいた状況はありました。

 たとえば、梨央が何者かに車にひかれそうになり、手をひき、抱き寄せる。彼女が食べながら歩いていたスイーツが大輝の服にベッタリなんてことも。

 はたまた、捜査に私情を入れていると捉えられても仕方ない大輝に対し、「もう会わんようにする。大ちゃんの立場が悪くなってまったら私も嫌やもん。最後に顔を見たかったんや」と決意し、電話しながら歩道橋の上から大輝を見つめる梨央。そんな彼女を見つけ、走って追いかける大輝は逃げようとする梨央の手を引き、抱きしめる、梨央も抱き返す。そして、「じゃあね」と涙混じりの笑顔で右手を振る梨央でした。

あわせて読む

 美形ながら何だか可愛らしい杉野遥亮(26)氏。上白石萌音(23)さんと横浜流星(25)氏の映画『LDKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』や杉咲花(24)さんとのドラマ『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』(日本テレビ系)も大変に善うござい[…]

気になる美男

コチラもどうぞ(上目遣いの佐久間由衣と松下洸平の最愛コンビも相性抜群な件

 とはいえ、その後も、吉高由里子さんと松下洸平氏の絡み、周囲を取り巻く怒涛の波乱は続き、ついには結ばれたようですが、それらと相まったトキメキ要素に焦がれてしまいましたねぇ。

記事のSNSシェアお願します

人気記事

 麗しき女優、上白石萌音(22)さん。佐藤健(31)氏とドキドキメロメロ共演の『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)はもちろん、さまざまな魅力で輝いていらっしゃいますが、あの伝説的なラブコメ映画も素敵でしたよね。そして、ここで共演したモデ[…]

運命的な恋愛

オススメ

 何だか甘い香りが漂うイケメン、松下洸平(33)氏。ドラマや映画、舞台、シンガーソングライターとしても活躍し、バラエティでも輝きを放っております。そんな洸平氏が恋愛についての想い出も語りました。ニックネーム決まりましたǴ[…]

魅惑の胸キュン かっこいいは正義 佐藤健 杉野遥亮 松下洸平 上白石萌音