サングラスのイケメン

佐藤健や横浜流星「メガネのイケメン」トキメキ破壊力

サングラスのイケメン

 メガネが似合うイケメンは、なぜこんなにも我々の心をとらえて離さないのでしょうか。眼鏡の歴史は意外にも紀元前から使われていたといわれておりますが、現代では装飾、オシャレの意味合いでも注目。そんな魅力を男前と共にフィーチャーしてみたいと思います。

恋つづで上白石萌音と

 TBSの火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で上白石萌音(22)さんと、芸能史上に残るような胸キュンラブストーリーをくり広げた最強イケメン俳優・佐藤健(31)氏。このドラマでも、佐藤氏が演じる医師・天堂先生の黒ぶちメガネが大変な話題になりました。

「最高!」「何であんなに似合うんだろ」「かっこ良すぎるんですけど」「破壊力バツグン」などなど、称賛の声が続出したのも頷けますなぁ。


「恋はつづくよどこまでも」DVD-BOX

サングラス男前が夕陽に照らされて!

 さらに、サングラス姿も素敵でした。例えば、佐藤氏はYouTuberとしても大人気ですが、サングラスをかけて運転する様にドキドキであります。

 どうです、このハンドルさばき! その指使いや夕陽に照らされたイケメン然がまた、たまりません。

わたどう和装の男麗は

『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)で世の老若男女をトリコにし、映画やバラエティでも魅惑爆発の横浜流星(24)氏は、メガネといえば、思い出すのが映画『キセキ』でしょう。

 この映画は人気アーティストGReeeeNの物語ですが、メンバーの一人・naviを横浜氏が演じました。歯科医師を目指すメガネの学生が良かったです!

 ご自身のインスタグラムでも、メガネ姿を公開。これなんかも話題沸騰でありました。

 CMでも眼鏡シーン。本当に、かっこいい。【2ページ目へ!】