華麗なるスケート

羽生結弦「リンクの氷を舐めるスーパースターな理由」佐藤健も憧れ

華麗なるスケート

 五輪金メダリスト、フィギュアスケートのスーパースター羽生結弦(26)選手。容姿もイケメン、礼儀正しく、考え方もかっこいい。多くの方々と同様に私も尊敬するアスリートであります。そんな羽生選手は様々なこだわりがあるようですが、こんなエピソードも感動しました。

自分の息を入れた曲で金メダル

 羽生結弦選手といえば、他のライバルフィギュアスケーターたちでさえもツーショットの自撮りをしてもらうだけで感激してしまうほどの超スター。そんな羽生選手は最高のパフォーマンスをするため、様々なこだわりがあるようで、例えば「音」。試合前に音楽を聴いている姿もよく拝見したりしますが、10個以上のヘッドホンを使い分けるそうですね。

 音へのこだわりは並々ならぬものがあり、金メダルを獲った平昌五輪で使用した曲「SEIMEI」は自ら編集し、羽生選手自身の息を入れたとのこと。冒頭の「すーぅ」という音は印象的でしたよね。「呼吸を整えるにも良いと思ったし」と言う意味合いもあるそうです。

氷をペロッと

 さらに気になったのが、試合直前の練習のときなど、リンクに触れるや氷をペロッと舐めるシーンであります。これについて羽生選手は、「氷に対して外気が寒くなって硬くなったり、お客さんが入って柔らかくなったりっていうのがあるので、毎日変化していくその感覚をしっかり確かめておきたい」

 完璧な演技をするための一流のこだわり。やはり、凄まじいですね。

関連記事

 フィギュアスケート五輪金メダリストのスーパーイケメンアスリート、羽生結弦(26)選手。前回も記事をやらせていただきましたが(下の記事を御参照ください)一方で、「芸能界の羽生結弦」とも称されるのが佐藤健氏であります。そんな佐藤氏は、雑誌の[…]

フィギュアスケートで華麗に
関連記事

 フィギュアスケートで日本人男性初の五輪メダリスト、世界選手権金メダルなど、輝かしい戦歴を誇る高橋大輔(34)選手。そんなイケメンスケーターの男前ぶりが進化しているようです。色気のある表現力、ジャニーズの雄・木村拓哉(47)氏ばりの佇まい[…]

話題のツーショット
関連記事

 宇野昌磨(22)選手がフィギュアスケート全日本選手権に勝ったときの思いを語ったインタビュー映像がニュースに流れました。いったい、どういう心境なのか? いっぽうで、宇野選手はゲーム好きとしても知られていますよね。フリーで逆転優勝![…]

素晴らしきフィギュアスケート

 ちなみに、当サイトで大人気のイケメン俳優・佐藤健(31)氏は、インタビューで羽生結弦選手について憧れを込めてこんなことを言いました。気になる方は、上の記事も御覧いただければと存じます。