時代劇での活躍も

佐藤健『るろうに剣心』延期とダービーの思い出「僕はペガサス」

時代劇での活躍も

 佐藤健(31)氏主演の映画『るろうに剣心』が延期されるそうです。いっぽうで、楽しみにしている方も多いダービー、佐藤氏の思い出話に花が咲きました。

映画の公開は先になったが

 7月と8月に公開予定だった映画『るろうに剣心』が延期。2021年のゴールデンウイークになるそうです。主演の佐藤健氏がコメントを出しましたが、抜粋させていただくと、「映画を楽しみに待っていてくださった皆様に申し訳ない気持ちです」「来年の公開日をお互いに健康で迎え、必ずまたお会いしましょう。皆様の日々の幸せを祈っています」

 残念ではあります。しかし、落ち着いてから満を持して公開した方が良いかもしれません。楽しみにしております。

関連記事

『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)やYouTuberとしても絶好調! かと思っていましたが、佐藤健(31)氏に何やら暗雲めいたものが立ち込めているような。いったい、どうした?絶対王者サトタケに影、一気呵成のイトケン 芸[…]

黄昏なイケメン

無敗のコントレイル

 ところで毎年、この時期はダービーの季節。今年は4戦全勝の皐月賞馬、コントレイル。そして、皐月賞で2着だったサリオスや伏兵陣の巻き返しに興味津々でしたが、コントレイルが圧勝しました。

吉高由里子や桐谷健太と

 で、ダービーといえば、佐藤健氏を思い出すわけです。というのも、約10年ほど前にイメージキャラクターを務めました。振り返ると、若くてあどけないけど、相変わらずのイケメンぶりです。女優・吉高由里子(31)さんや俳優の桐谷健太(40)さんと共演。

 CMでは熱唱し、大興奮しながら歓声を送っている佐藤氏の姿も印象的でした。で、最も思い出深いのが、佐藤氏と一問一答のこのシーンでした。

 誰と来たいですか?「詳しい人と来たいですね。僕は初心者なので教えてもらいたいです」 ジンクスは?(ちょっと悩んで、こういった仕草もイケメン!)「ないです(微笑)」

最強イケメンは「天馬」

 さらに、極めつけはこの質問でした! 自分のイメージは?「白馬です。あ、違う、ペガサスです」

「ペガサス」は、ギリシア神話に登場する伝説の馬。翼を持ち、空を飛ぶことができる。海神ポセイドンとメドゥーサの子どもらしいですね。天馬と訳されます。

 自分のことを「天馬」と言ってしまう。でも、いいんです。最強イケメン佐藤健ですから! そんなことに思いを馳せながら、ダービーを楽しみにしたいと思った次第です。