松村北斗に「不思議な引力」を感じる上白石萌音が自分から連絡先を聞いた女優「逃したくない」

焦がれる麗媛

 松村北斗(26)氏演ずる稔が亡くなり、ロスになった方々も多いでしょう。そんな朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の直後に放送されている番組『あさイチ』(NHK)に、ヒロインの上白石萌音(23)さんがゲスト登壇したとき、北斗氏が現れたのは感激でしたね。

さすがはジャニーズ、SixTONES

 VTRゲストとして登場した松村北斗氏は、上白石さんについて「絶対的な信頼感、不思議な力」があるとおっしゃってましたね。(下記ご参考ください)

(参考記事)松村北斗「あの不思議な力は何だったんだろ」

 そんな北斗氏に対して上白石萌音さんも、「素敵でしたね。私も同じ信頼感を感じてました。凄く不思議な引力をお持ちの方で、あんまり自分からガツガツって感じではないんですけど、自然と人が集まっていってしまう魅力をお持ちの方でしたね。昭和も似合うし。たくさん引っ張ってくださってめちゃくちゃ感謝してます」

 まあ、さすがはジャニーズ、SixTONESの雄といったところもあるのでしょうが、お二人は気が合うとも。一番印象に残ったシーンも同じ。それは、上白石さん演ずる安子の想像の親子3人のシーンでした。(その画像などは下記ご覧ください)

(画像)稔、安子、るい親子3人のシーンに涙

小野花梨「うわーすごっ」

 また、上白石さんはどうやら、朝ドラで親友役の小野花梨(23)さんにも、すごい引力、チャームを感じているようですね。上白石さんがNHK同局の『土曜スタジオパーク』に出演したときのこと、小野さんがVTRゲストで登場。戦争で離ればなれになった親友同士が久しぶりに会えたシーンについて、「パッと萌音ちゃん見たら泣いていて、一瞬なんですよ。カメラが回る直前までは萌音ちゃんでいらっしゃるし、でもカメラが回ってパッて顔を見ると安子ちゃんとして久しぶりっていう涙を流している。瞬発力ですかね、うわーすごって。ハッとしちゃいましたね」

 メッセージなんかもすぐ返してくれるそうで、「内容も適当でなくってしっかり要点を踏んで気遣いの言葉を入れて、完璧ですね」と小野花梨さん。

 そんな小野さんに上白石さんは「珍しく自分から連絡先聞いた」そうです。逃したくないと。やはり凄まじい引力、魅力を感じたんでしょうね。「これからも宜しくお願いします」と上白石萌音さんでした。

あわせて読む(SixTONES松村北斗と京本大我「不仲説」も…上白石萌音との期待感が結実したカムカムエヴリバディ

(こちらもどうぞ)城田優「上白石萌音は懐が深いヒロイン」「何度も泣かされた」

 切なすぎる展開となった「カムカムエヴリバディ」ですが、織り成すイケメン美女模様に慕情。