上白石萌音「娘るいを宜しくお願いします」YOUは「息子の嫁にきてほしい」見事な朝ドラ女優の真髄

情念の麗女

 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。上白石萌音(23)さんとジャニーズSixTONES松村北斗(26)氏の恋愛模様、夫が帰らぬ人となって悲しい別れ、娘るいとの貧しいながらも幸せな生活、しかし、不倫的な勘違いをされて娘から「アイ ヘイト ユー」と言われ傷心、渡米してしまうという凄まじい波乱万丈でした。

「夢でした、お母さん役をやるのが」

「打ちのめされてつらいことがあってもこの子のために頑張らなきゃいけないっていう安子の全て、いきがいだし、生きる意味だし、たくさんパワーもらっている」と語っていた上白石萌音さん。同局の情報番組『土曜スタジオパーク』に出演したときのこと。物語としては前述の通り親子の悲しい別れという展開になってしまいましたが、上白石さんは「しっかり子育てをしてっていうのは初めてで。嬉しかったです。夢でした、お母さん役をやるのが。こんなに早く来るとは思ってなかったんですけど」 いろんな準備をして臨んだ、でも結局、「るい役の子たちが目の前にいると、自然に母の気持ちになるというか。一気に十人ぐらいの子供の母になった(笑)。あの子たちが私を自然にお母さんにしてくれた」

 そんな彼女が胸キュンしたシーン。其れは、るいが初めて「カムカムエヴリバディ」と歌ったくだり、喜んで「稔さんの写真に報告した」場面。改めて、其れをスタジオで見ていた上白石さんは両手で顔を押さえて天を仰ぎ、キュン状態でしたねぇ。

(関連記事)上白石萌音へ不意打ちハグに怒りのSixTONES松村北斗

「本当の娘のように愛しかった」

 なお、『あさイチ』(NHK)に出た際も、「本当の娘のように愛しかった」と上白石さん。

 また、義理のお母さん役だったYOU(57)さんがVTRゲストで登場。「バラエティで一緒だった時に、息子の嫁にきてほしい、って言った。ぜひ、なんて」やり取りもあったそうですが、今回の朝ドラで擬似的に夢が叶った、しかし「台本見たらあれ?って」 結婚前の萌音さん演ずる安子を門前払いしたり、北斗氏演ずる息子の稔と結婚してからもキツいことを言ったりしましたしねぇ。

 さらに、上白石さんはクランクアップした後、現場でこう言ったそうです。「幸せな時間でした」と語ったうえで、「最後に、一つだけお願いが。どうか、どうか、娘のるいのことをよろしくお願いします

あわせて読む(上白石萌音の魅力と松村北斗や城田優、佐藤健が支えた悲しい朝ドラ)

こちらもどうぞ

 上白石萌音(23)さんとジャニーズSixTONES松村北斗(26)氏のNHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。戦時となり、悲しくいろいろ心配ですが、小生スナイパー、こんなメモリーも思い出されます。出征前に、お父さんの会社の為に銀行頭取の娘[…]

和なハンサム

 るい編の深津絵里(48)さんにバトンタッチした上白石萌音さん、実に見事な朝ドラ女優ぶりでありました。